公社はあしたの信州農業をつくるパートナー

公益財団法人長野県農業開発公社 長野県農地中間管理事業

公社を利用された皆様の声最新一覧

中山間地域への地域外からの参入

2017.03.03 長野


  株式会社プラセス(代表取締役 大川昌伯)は、平成18年に水稲を中心とする農業生産法人として設立し、平成26年に松本市の農地中間管理事業の借受希望者に応募、同市島立地区において約1haの水田を当機構から借受けました。通常の水稲栽培のほか、春に花を咲かせたレンゲを土にすき込んで肥料として栽培する「れんげ米」の栽培も行っており、併せて「そば」「大豆」も栽培しています。

続きを見る

㈱ゲブラナガトヨは、冷涼な気候の富士見町においてオリジナル品種の花き栽培を行う農業生産法人です。

2016.03.02 諏訪

 (株)ゲブラナガトヨ(本社:茨城県)は、諏訪郡富士見町で花苗、鉢花の生産、育種、種苗販売、輸出(アメリカ。EU)、次世代育成を行う花きの農業生産法人です。

現在の経営規模は、加温室約750坪、その他露地栽培・雨よけハウスは合わせて約4,000坪で、富士見町にある八ヶ岳ファクトリーは今年で10周年を迎えます。

そんな(株)ゲブラナガトヨは、過去にも3回ほど当公社を利用して農地をご購入いただいております。富士見町を訪問し荒井社長にお話を伺いました。

  

続きを見る

㈱井筒ワイン(塩尻市)は、塩尻市洗馬地区で中間管理事業により確保した農地で、ワイン用ぶどうの生産の拡大をスタートしました。

2015.10.01 松本

 ㈱井筒ワイン(代表取締役塚原嘉章)は、昭和8年塩尻市の桔梗ヶ原で創業、約80年に渡り地元のぶどう栽培農家と契約し、地元産ぶどうにこだわる信州の本格派ワイナリーです。

続きを見る

新しい「農」への着実な取り組み

2015.01.22 長野

飯綱町に本社を置く(株)ミスズライフ(代表取締役小林満)は、ブナシメジの生産工程で発生する培地を利用し、信濃町や千曲市などで自社農場を確保し野菜づくりに取り組んでいます。

続きを見る

公社事業を活用して新たな作物経営を

2014.10.27 上伊那

 伊那市西春近の農業生産法人有限会社「ぱぱ菜農園」さんをお訪ねし、代表取締役社長の佐藤浩信さんからお話しを伺いました。

続きを見る

忘れられぬ、信州の味 を探求し続ける

2014.08.22 長野

江戸時代の1736年(元文元年)、善光寺の境内で創業した八幡屋礒五郎の「唐辛子」は、善光寺詣りや長野の土産として全国的に広く知られている商品です。

  商品を手にとっていただいたお客様に、美味しく、安心できる味を届けたい。

室賀社長の商品に対する思いを実践する取り組みのひとつとして、2006年から信州大学と共同開発で唐辛子の品種研究を始め、2007年には、自社農場「八幡屋ファーム」が設立されました。

続きを見る

北アルプスの自然の恵みとともに大地に根を張る

2014.08.05 北アルプス

白馬村の㈲マイテカル(福島利文代表取締役)は、有名な白馬岳の麓、従来から白馬村北城地域にあった農作業受託集団を発展させ、設立から11年目を迎える農業生産法人です。

続きを見る

若者が集う農業法人を訪ねて 

2014.07.31 松本

農地の荒廃を心配し就農を決意

 東筑摩郡山形村で、野菜を中心に経営している農業生産法人(株)クリーン・ア・グリーン代表取締役 本庄耕介さんを訪ねた。

          

続きを見る

他産業からの農業参入 シニア世代による新規事業

2014.07.23 松本

松本市に本社を置くアルプス建設運輸建設(株)(上嶋金司社長)は、地域で古い歴史をもつ運輸会社として全国展開で活躍されています。

上嶋社長が、農業への参入を決意したのが、平成23年頃、シニア社員の雇用延長対策を考えてのことでした。

続きを見る

畑を元気に! みんなが幸せになるものづくりをめざして

2014.06.02 長野

信濃町の㈱ファームかずと(代表取締役竹内基一氏)は、長野県の北部、黒姫山、飯綱山に囲まれた自然豊かな信濃町で耕作放棄地を農地に再生しながらとうもろこしを中心とした農業で躍進を続けています。

 同社は、平成18年に建設業が農業に参入、高齢化などで使われなくなった耕作放棄地を再生して、地元の堆肥を使った土づくりを行い、環境に配慮した循環型農業を実践しています。

続きを見る

公益財団法人長野県農業開発公社 長野県農地中間管理機構 〒380-8570
長野市大字南長野字幅下692-2
長野県庁東庁舎 3階
TEL 026-234-0777
FAX 026-234-0796

ページの先頭へ